営業するならお金を学べ!

保険はどれくらい入る必要がある?

保険はどれくらい入る必要がある?

保険,必要

万が一のための保険なのに…

みなさんは保険に加入していますか?
一口に保険といっても、様々な種類がありますが、
どんなに少なくても1つか2つくらいは加入している方が多いのではないでしょうか。

 

万が一のためにかける保険ですが、その一方で、「毎月の掛金の引き落とし額が大きくて保険貧乏なんだよね」という声を聞いたりもします。
将来のことが心配で、色々と加入してしまう気持ちも分かりますが、保険ばかりかけて、将来手元にお金が残らなくなってしまうのでは本末転倒です。

 

そこで今回は、どれくらい保険に入るべきなのか見ていきましょう。

 

 

生命保険に加入する前に

特に多くの方が加入しているのが生命保険だと思います。
生命保険は万が一のことが起こった場合に、残された家族が経済的に不自由にならないように守るための保険ですが、
実際、将来にどれくらい必要になるか計算をして加入した方は、あまり多くはないのではないでしょうか。
そのために、必要以上に高額な保険に加入していたり、逆に保証が足りない保険に加入していたりする方もいるかもしれません。

 

実際、自分にはどれくらいの保障が必要なのか。
生命保険に加入する前に、また、加入済みの生命保険を見直す際に指標となる「必要保障額」について見ていきます。

 

 

生命保険の必要保障額

保険,必要
生命保険の必要保障額とは、自分に必要な生命保険の保障額のことです。
この保証額は、ライフステージや家族構成によって様々で、新しく保険に加入する時はもちろん、
定期的な見直しも必要になります。

 

自身の生命保険の必要保障額を知るには3つのステップがあります。
それでは、3つのステップに沿って、順に見ていきましょう。

 

 

1、自分に必要な保障を知る

自分に万が一のことがあった時に、果たしてどれくらいの金額が必要になるのか。

遺族の生活費

ご自身が亡くなった時として

子供の学費

学費をあらかじめ確保する分として

葬儀関係の費用

3つの観点から考えていく必要があります。

 

2、生命保険以外で受けられる保証を知る

自分に万が一のことがあった時、生命保険以外で、遺族がどんな保証を受けることができるのか知ることも大切です。
代表的なものに、

遺族に支払われる公的年金制度である遺族年金

(遺族基礎年金、遺族厚生年金、遺族共済年金)

住宅ローンの支払いが免除される団体信用生命保険

(団信)

会社から受け取ることができる給付金や年金

などがあります。

 

3、実際に自分に必要な保障額を計算する

先に見てきた、自分に必要な保障(遺族の支出)−生命保険以外で受けられる保証(遺族の収入)=生命保険の必要保障額になります。

 

子供が生まれたばかりだと、将来の生活費や学費がかかりますが、
子供が成長・独立するにつれて、そこにかかる金額は減少するため、必要保障額は時間と共に少なくなっていきます。
このことからも、加入したら加入しっぱなしではなく、その都度その都度見直しが必要だということが分かると思います。

 

 

まとめ

保険はどれくらいはいるべきなのか、生命保険を例に必要保障額をキーワードに見てきました。
自分が置かれている状況や今後必要になる金額、利用することができる制度について、
一度整理をした上で、それぞれのライフプランに合った金額の保険を選ぶ必要があります。

 

保険のプランはそれぞれのライフステージによって十人十色といわれています。
ぜひ、自分の保険を見直すきっかけにしてみて下さい。


関連ページ

【今更聞けない!】NISAとは
2014年スタートの制度、NISA。今更人には聞けないあなたへ、わかりやすい「NISAとは」をお届けします!
マイナンバーと運用
運用にも必要なマイナンバー。マイナンバー制度、あなたは正確に知っていますか?
特定口座と一般口座の違い
特定口座と一般講座を使い分けて、あなたも賢く税金対策!
申告すべき?一時所得と雑所得の違い
当サイトでは、営業力向上のためのノウハウ、 一時所得と雑所得の違い、確定申告が必要かどうか、知っていますか?
【誰でもわかる!】金利と為替相場の関係
金利と為替の関係は難しくない! 誰でもわかる金利の話。
日経平均株価とは
お金の話に欠かせない「日経平均株価」。 あなたは説明できますか?
【わかりやすく見る!】円高、円安のちがいと効果
円高円安をわかりやすく説明。
【お客は損かも】保険、投資商品の手数料で代理店がボロ儲け?
保険や投資商品は代理店がボロ儲けする仕組み、知っていますか?
【計算は難しい?】為替はクロスレートを理解しよう!
「クロスレート」って一体なに? 計算方法と定義。
【わかりやすい】株などの運用後に必要な確定申告
株を買って利益が出たら、確定申告って必要?不必要?

ホーム RSS購読 サイトマップ