営業するならお金を学べ!

日経平均株価とは

日経平均株価とは

日経平均株価とは

意外と知らない日経平均株価

毎朝、ニュースを点けると耳にし、新聞を読むと目にする「日経平均株価」や「日経平均」という言葉。
あまりにも聞き慣れた言葉ですが、意外と言葉の意味を説明できない方も多いのではないでしょうか。

 

資産運用で、株式投資をするなら、切っても切り離せない日経平均株価。そこで今回は、日経平均株価とは何のことなのか見ていきたいと思います。

 

 

日経平均株価とは?

日経平均株価(Nikkei Stock Average)とは、日本の株式市場の代表的な株価指標の一つで、日経225(Nikkei 225)とも呼ばれます。

 

ダウ式平均株価で、東京証券取引所第一部に上場する約1700銘柄の株式のうち、トヨタやキャノンといった日本を代表する225銘柄が対象になっており、日本経済新聞社がその銘柄を制定しています。15秒毎に算出し公表されています。

 

超簡単な日経平均株価の求め方

当初、日経平均株価は225銘柄の株価を単純に足し、225で割ったものでした。しかし、225銘柄の入れ替えや株式分割などの影響で、現在は225銘柄の株価を足して225で割って平均を求めた後に、除数と呼ばれる特殊な数値で割る作業が行われ、過去からの連続性を持たせるために修正が加えられています。

 

日経平均株価は、対象の225銘柄の株価が落ちれば下落し、株価が上がれば上昇する数値で、日本経済全体の景気や企業の収益性を表す指標になっています。

 

 

225銘柄は入れ替え制

この225銘柄は定期的に入れ替えが行われています。例えば2015年9月には新しく、プロ野球でも有名なDeNAとマンション建設の長谷工コーポレーションが入り、日東紡や平和不動産といった企業が除外となりました。

 

銘柄の入れ替えを行うのは、日経平均株価は日本を代表する225銘柄なので、ふさわしい銘柄を取り入れ、業績が低迷している銘柄は除外する、という理由からです。

 

 

日経平均株価の問題点

日経平均株価とは
日本を代表する株価指標である日経平均株価ですが、実は「日経平均はこのままで良いのだろうか?」という議論があります。そこで、ここでは日経平均株価の問題点ということで、その議論の内容について見ていきます。

 

日経平均株価の問題点は「3つの罪」ともいわれます。

 

問題点の1つ目

大きな銘柄に左右されてしまう!
225銘柄の平均が大きな3銘柄の動きに左右されてしまうという点です。ユニクロやソフトバンクをはじめとした、急成長している企業が選ばれた際、この企業の株価が日経平均株価を大きく動かしてしまうということです。

 

日本を代表する225銘柄の平均株価というのが本来の姿ですが、実際には大きな3銘柄によって日経平均の20%が動いてしまいます。裏返すと、どんなに株価が上がっても、日経平均に全く影響を及ぼさない銘柄もあるということになります。

 

 

2つ目の問題点

入れ替え制による株価上昇の鈍化
銘柄の入れ換えが行われているという点です。先程、日本を代表する225銘柄なので入れ換えがあると紹介しましたが、逆にこのことが問題点にもなっています。

 

日経平均株価を算出するための225銘柄は、企業の倒産や成長企業の台頭で入れ替えられていますが、言い換えると、新しく入る銘柄は株価が高く、交代させられる銘柄は多くが安くなり、結果として、入れ替え後の分子、つまり株価合計は大きくなり、それに合わせて分母、つまり除数は上がることになります。

 

結果として、株価が下がった時に日経平均から外れ、株価が上がると入れ換えで入って来るということになり、日経平均株価が数値として上昇しにくい原因の1つになっています。

 

 

3つ目の問題点

銘柄の時価総額に連動しない!
2つ目の問題点と連動して、日本経済の停滞感を生み出している原因になっているという点です。「日本経済は、バブル期から停滞し続けている」という印象を持っている方は多いのではないでしょうか。
ここで比較してみたいのが、日経平均株価とは別の指標である「TOPIX(東証株価指数)」です。これは、東京証券取引所一部上場の全銘柄の時価総額を合計したものを全銘柄で割って出した指標です。

 

時価総額とは?

時価総額は、その企業を丸ごと買ったときの値段で、「株価×発行済み株式数」で求められます。株価が上がると必然的に時価総額も上がることになり、時価総額の高い銘柄(規模が大きな会社)の影響を受けます。

 

このTOPIXを参照してみると、2015年12月における時価総額が1989年のバブル時期をオーバーしたというニュースがありました、つまり、時価総額(企業の価値)はバブル期を超えており、日本経済は確実に成長しているということになります。

 

日経平均株価は、日本を代表する株価指標の1つではありますが、

日本経済の全てを反映している指標ではない

といえます。それは、同様にTOPIXに対してもいえることです。

 

 

まとめ

よく耳にしたり、目にしたりするけど、意外と知らない日経平均株価のしくみと、その問題点について見てきました。問題点を見てみると、完全な指標というのはないようで、それぞれの指標によってメリットやデメリットはあるようです。これから株式投資をはじめられる方は、ぜひ複数の指標を参考にしながら企業選びに役立ててください。


関連ページ

【今更聞けない!】NISAとは
2014年スタートの制度、NISA。今更人には聞けないあなたへ、わかりやすい「NISAとは」をお届けします!
マイナンバーと運用
運用にも必要なマイナンバー。マイナンバー制度、あなたは正確に知っていますか?
特定口座と一般口座の違い
特定口座と一般講座を使い分けて、あなたも賢く税金対策!
申告すべき?一時所得と雑所得の違い
当サイトでは、営業力向上のためのノウハウ、 一時所得と雑所得の違い、確定申告が必要かどうか、知っていますか?
【誰でもわかる!】金利と為替相場の関係
金利と為替の関係は難しくない! 誰でもわかる金利の話。
【わかりやすく見る!】円高、円安のちがいと効果
円高円安をわかりやすく説明。
【お客は損かも】保険、投資商品の手数料で代理店がボロ儲け?
保険や投資商品は代理店がボロ儲けする仕組み、知っていますか?
【計算は難しい?】為替はクロスレートを理解しよう!
「クロスレート」って一体なに? 計算方法と定義。
保険はどれくらい入る必要がある?
進められるけど、保険は本当に入る必要があるの?をわかりやすく説明。
【わかりやすい】株などの運用後に必要な確定申告
株を買って利益が出たら、確定申告って必要?不必要?

ホーム RSS購読 サイトマップ