人から好かれるヒトになるには

【証券と銀行】違いとおすすめの運用先

【証券と銀行】違いとおすすめの運用先

証券,銀行,違い

証券会社と銀行どちらで運用すべき?

資産運用と考えると、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか
株式投資や投資信託、外貨FX、国債、不動産投資、保険
などが挙げられるかと思います。

 

では、質問を変えて、資産の運用を考えた時にどこに相談に行くでしょうか。
証券会社や銀行が思い浮かぶかと思いますが、
証券会社と銀行は、それぞれ特徴が異なり、扱っている商品や、資産を預ける目的も変わってきます。

 

そこで、証券会社と銀行、どちらが資産を運用するのにおすすめなのか、それぞれの違いから見ていきましょう!

 

 

証券会社と銀行の違い

大きな違いが、証券会社は「直接金融」の金融機関で、
銀行は「間接金融」の金融機関という点です。「金融」という言葉は、お金の流れのことです。

 

直接金融とは

「直接金融」は、投資家が直接、株式や債券へ投資を行うため、このように呼ばれます。
証券会社は、投資家と投資先企業とをつなぐ仲介の役割をしています。
株式への出資や売買、債券への応募や売買を仲介して、企業と投資家との架け橋を担っています。

 

間接金融とは

一方、「間接金融」は、預金者から預かった預金を、自身を介して間接的に企業等に流すため、
このように呼ばれます。
銀行は、預金者から預かった預金を融資という形で企業などに貸し付けます。
融資に対して利息が発生し、「融資利息収入−預金者に支払う預金利息」が銀行の収益になります。

 

直接金融と関節金融の大きな違い

この2つの大きな違いは

リスクを誰が負うのか

という点です。
間接金融(銀行)の場合、預金者は預金保険制度で保護されており、
銀行に万が一のことが起こっても預金者が大きなリスクを負う心配はありません。
しかし、直接金融(証券会社)の場合、株価の上下による利益や損失は全て投資家自身が負担することになります。

 

 

投資家・預金者から見た違い

証券,銀行,違い
証券会社と銀行の仕組みの違いについて見てみましたが、
続いて、私たち投資家・預金者の立場から見た時の違いについて紹介していきます。

 

取扱商品の違い

両者の違いを一言でいうと、取り扱っている商品が異なります。

 

銀行

銀行での取り扱い商品の主なものは以下です。
預金・定期預金
債券(国債など一部に限る)
投資信託>(ETFなど上場投信は不可)
外貨預金

 

証券会社

銀行での取り扱い商品の主なものは以下です。
債券
投資信託
株式
外貨(外貨MMF、外債、外国株など)

 

をそれぞれ扱っています。

 

投資商品と呼ばれるものは、証券会社の方が充実しています。
投資信託は銀行でも扱っているところがありますが、取り扱っている商品数で見ると、証券会社に劣ります。

 

このように比べてみると、

銀行

「銀行はお金の管理に活用できる金融機関」

証券会社

「お金に働いてもらう・お金を増やすための金融機関」と呼ぶことができると思います。

 

預金ではお金は増えない

今は低金利の時代で、銀行に預金していてもお金はほとんど増えません。
都市銀行やゆうちょ銀行の普通預金金利は0.001%で、
100万円預けても、1年間に10円しか利息がもらえないというのが現状です。

 

一部の債権や投資信託、保険商品も扱っていますが、それほどリスクの大きな商品ではありません。
そのため、お給料の振り込みや生活費の決済など、
預金して資産を増やすというより、お金を管理する金融機関という性質の方が強くなっています。

 

一方で、株式や投資信託への投資は、株価市場の動向によって損失を被るリスクもあります。
しかし、銀行の預貯金と比較すると、高い投資効果が期待できます。

 

 

証券と銀行まとめ

資産は証券会社と銀行のどちらで運用するのがおすすめなのか、
両者の金融機関としての仕組みの違いから、取り扱っている商品という視点から考えてみました。

 

リターンは少なくても、安全に資産を管理していくのか、ある程度のリスクを取って、投資効果に期待するのか、
どのような方向性で資産を運用していきたいのか、という視点で選択するのが良いでしょう。


関連ページ

【20代でも可能!】1000万円貯金する方法
1000万円貯金は20代でもできる!って知っていましたか?
【確率と比較】お金があったら宝くじ買う?資産運用する?
宝くじと資産運用の比較を徹底調査!
【低すぎ?】各銀行の定期預金金利の比較
各銀行、定期預金金利を比較!
【銀行はどこがいい?】信託銀行、地銀、メガバンク比較
偏った知識になっていませんか?銀行はどこがいいのか比較検討!
【どこが高金利?】世界の金利と投資
投資を考えるなら、まずは世界の金利を知ろう!
【ドルの保険って怖くない?】外貨保険、円保険の違い
ドル保険と円保険の違い、メリット各種など知っていますか?

ホーム RSS購読 サイトマップ