営業するならお金を学べ!

【スポーツで投資!?】ブックメーカーの始め方

スポーツで投資!ブックメーカーの始め方

ブックメーカー,始め方

最近人気のある副収入

最近では「『副業禁止』の禁止」といったニュースが話題になりましたが、長い間会社に勤めていても、なかなかお給料が上がらず、会社のお給料プラス副収入を得ている、という人も多いのではないでしょうか。月に2〜3万円、お給料以外の収入があるだけで、貯蓄に回すことができたり、趣味に使うことができたり、毎日の生活にちょっとした余裕が出てきますよね。

 

副収入というと、株式投資や外貨FX、不動産の賃貸収入、アフィリエイトなどがありますが、最近では「ブックメーカー」も人気があるようです。そこで、今回はブックメーカーとは何なのか、どうやってはじめるのかについて見ていきます。

 

 

ブックメーカーとは

ブックメーカー(bookmaker)とは、簡単にいうと賭け屋のことです。台帳(book)をつける人、というのが語源で、ブッキー(bookie)という略称で呼ばれたりもします。1970年代、イギリス・ニューマーケット競馬場でハリー・オグデンという人がはじめたのが最初だといわれています。
有名なブックメーカーとして、ウィリアムヒル、ラドブロークス、ガーラ・コーラル・グループの3社が挙げられます。全てイギリスの会社で、三大ブックメーカーと呼ばれています。

 

ブックメーカーの賭けの対象

 

ブックメーカーの賭けの対象は、

  • サッカー
  • アメフト
  • 野球
  • バスケットボール

 

といったメジャースポーツをはじめとするスポーツ全般が主です。
また、

 

  • 競馬
  • アメリカの大統領選挙
  • ゲーム大会の勝者
  • アカデミー賞の授賞者
  • 次のジェームズ・ボンドを演じる役者

 

なども賭けの対象になります。

 

イギリス発祥のブックメーカー

「賭け」という言葉に抵抗がある方もいると思いますが、ブックメーカーはそれぞれの国の法律で認可されています。世界のサッカーの試合を観ていると、ブックメーカーの会社の広告が見られることもある、大規模な市場です。

 

イギリスからはじまったブックメーカーですが、インターネットの普及により、オンラインで世界中のスポーツファンが参加できるようになっていきました。現在ではスポーツファンだけでなく、投資家の参入も始まっています。
スポーツを対象としたものを「スポーツベッティング」といいますが、好きなチームを応援したり、今まで関わりのなかったことを分析して新たにファンになったりと、楽しみながら投資に参加できます。

 

 

ブックメーカーの仕組み

ブックメーカーの仕組みは、簡単にいうと、ブックメーカーの会社とユーザーが実際に直接賭けをしている、ということになります。

 

日本の公営競技などでは、胴元側が賭けに参加することはなく、ユーザーから集めた賭け金の中から一定の手数料を差し引いて払戻す仕組みになっているので、胴元側が損をするということはありません。しかし、ブックメーカーでは、ユーザーが大勝すると、胴元側が負けてしまうということもあります。

 

もちろん、ブックメーカーが買った場合に大儲け、負けた場合に大損と、大幅に偏りが出ないような工夫がされていますが、基本的にはブックメーカーの会社とユーザーが直接賭けをしている仕組みと考えて間違いはありません。
そのため、状況次第でユーザーが有利な賭けとなることもある点が日本の公営競技とは異なる部分になります。

 

 

ブックメーカーのはじめかた

最後に、ブックメーカーのはじめかたについてですが、

 

1、ブックメーカーで使える口座を開設する
2、ブックメーカーに登録する

 

以上の2点です。手続きは全てパソコンやスマートフォン、タブレットで行うことができます。

 

口座開設について

ブックメーカーでは、賭けを行う際、直接資金を送るわけではなく、いったん資金をプールしておくe-wallet(イーウォレット)というオンラインバンクを介して行います。これは、ブックメーカーが個々のユーザーに対して入出金業務を行っていないためです。

 

個々のユーザーとやり取りをすることで、手数料をはじめとする経費が発生するため、ブックメーカーは複数のオンラインバンクと業務提携をしています。
これは、ユーザー側としてもメリットであり、オンラインバンクを介して取引を行うことで、少ない手数料での手続きが可能になります。

 

 

まとめ

ブックメーカー,始め方
ブックメーカーの仕組みやはじめかたについて見てきました。

 

日本ではまだあまり馴染みのないブックメーカーですが、イギリスにはじまり40年以上の歴史がある賭け・投資になります。

 

株式投資や外貨FX、不動産の賃貸収入、アフィリエイトなどとは異なり、一から勉強をはじめるのではなく、サッカーやアメフト、野球、バスケットボールといった自分の興味がある分野でスタートすることができるので、楽しみながらはじめられるという特徴もあります。
好きなチームの応援から、ブックメーカーを始めてみるのも良いかもしれませんね。


関連ページ

株の始め方
営業するならお金を学べ!誰でもできる株の始め方。
初心者にもおすすめ!投資信託の始め方
営業するならお金を学べ!簡単な投資信託の始め方。
外貨FXとは?為替と始め方
営業するならお金を学べ!FXの仕組みは超カンタン!
国債の利回りと買い方
営業するならお金を学べ!国債の買い方。
サラリーマンにも可能?不動産投資でマンション経営
営業するならお金を学べ!サラリーマンでも不動産投資ができるのか?
【意外と知らない!】保険での資産運用
営業するならお金を学べ!保険で資産運用ができるって知っていましたか?
結局おすすめの資産運用は何なの?
営業するならお金を学べ!おすすめの資産運用は一体どれ!

ホーム RSS購読 サイトマップ