営業するならお金を学べ!

初心者にもおすすめ!投資信託の始め方

初心者にもおすすめ!投資信託の始め方

投資,信託,始め方

投資初心者向けの金融商品

 

投資信託と聞くと、難しそうだと感じる方が多いと思います。
投資信託の「信託」とは、文字通り「信じて託すこと」、「お願いする」という意味です。つまり、「自分で投資する代わりに、専門家にお金を預けて運用をお願いする」金融商品のことです。

 

多くの金融商品の中でも、投資信託は「初心者向け」と言われており、投資を始めたことがない方にもおすすめです。

 

それでは、投資信託をはじめるにあたって、投資信託の仕組みとメリット・デメリットについて見ていきたいと思います

 

 

投資信託の仕組み

投資信託は、運用のプロである「販売会社」、「委託会社」、「受託会社」の3社が、それぞれの役割を分担して行われています。

 

 

販売会社

 

「販売会社」は、投資家ごとの口座を管理し、投資信託の販売や換金、分配金・償還金の支払い等を行います。証券会社や銀行、ゆうちょ銀行などの金融機関が該当します。販売会社によって、商品の品揃えや購入手数料は異なります。

 

委託会社

 

「委託会社」は、信託財産(投資家から集めた資金)の運用方針を決定し、受託会社に運用の指図を行います。
専門家であるファンドマネージャーが、経済・金融情勢等の様々なデータを収集・分析し、信託財産の投資先を考えています。

 

受託会社

 

「受託会社」は、委託会社からの運用指図に従い、株式や債券等の売買や管理を行います。受託会社では、信託財産を自社の財産とは区別して保管・管理しているため、万が一、倒産することがあっても、投資家の資産は保護されます

 

 

分担による効果

3社が役割を分担することによって、投資家の財産を守りながら運用を行うことができています。

 

 

投資信託でお金が増える仕組み

投資信託から得られる収入には2種類あります。それは、「値上がり益」と「分配金」です。

 

値上がり益

「値上がり益」は、購入時と売却時の差額により発生する収入です。投資信託の値段(基準価額)が1万円の時に1万円分購入し、1万1,000円の時に売却すると、差額の1,000円が値上がり益となります(税金や手数料が別途かかります)。

 

分配金

「分配金」は、運用によって利益が出た際、利益の一部を定期的に分配金として受け取るものです。ただし、利益が出ていない時でも分配金を出すことがあり、これを元本払戻金(特別分配金)と呼びます。分配金は運用利益から出るため、分配金を投資家に支払うことにより、基準価格は下がります。

 

 

分配金例

例えば、先程1000円の値上がり益が出たファンドも、500円を分配金として支払うと、その分基準価格が下がるので、値上がり益は500円(=1,000円?500円)となります。
つまり、どちらも1,000円の利益が出ることに変わりはなく、分配金の金額で利益が確定する訳ではありません。

 

 

投資信託のメリット・デメリット

続いて、投資信託の4つのメリットと2つのデメリットについて見ていきます。

 

投資信託の4つのメリット

 

投資,信託,始め方

  1. 少額から始められる
  2. 資産運用のプロに任せられる
  3. 分散投資によるリスクの分散ができる
  4. 個人では投資が難しい国や地域、資産に投資ができる

 

 

 

1.少額から始められる

投資信託は10,000円からスタートすることができます。投信積立という商品の場合、月々1,000円と、さらに少額から始めることもできます

 

 

2.資産運用のプロに任せられる!

個人で投資等の金融商品を扱うには、多くの知識と時間が必要になりますが、投資信託はファンドマネージャーと呼ばれる運用のプロが、それぞれのファンドの運用方針に従い、投資判断から取引までを投資家の代わりに行ってくれます。

 

 

3.分散投資によるリスクの分散ができる!

資産運用を行う際、投資先をひとつに集中させず、できるだけ分散させた金融商品で資産運用をすることでリスク軽減を図る「ポートフォリオ」という考え方があります。投資信託は、複数の銘柄に資産を分散して投資するため、偏重銘柄による値下がり等の様々なリスクを分散、軽減することができます。

 

 

4.個人では投資が難しい国や地域、資産に投資ができる!

投資信託は、国内外の株価指数や株式、不動産、債券などに投資を行います。また、個人では投資が難しい、発展途上国の株式や債券などを投資対象とした商品も多く扱われています。

 

 

初心者におすすめな理由

ご自身で投資したい商品を選べない場合や、少額で購入したい場合には、分散投資ができる投資信託が始めやすいと言われています。

 

 

投資信託の2つのデメリット

 

投資,信託,始め方

  1. コストがかかる
  2. 元本保証がない

 

 

1.コストがかかる

投資信託は、運用のプロであるファンドマネージャーに委任して資産運用を行うため、ファンドマネージャーに-対して、手数料や費用を支払う必要があります。手数料や費用には、投資信託を購入する際に必要な「販売買付手数料」。投資信託の運用にかかる「管理費用(信託報酬を含む)」。投資信託を信託期間の途中で換金する際、証券売却にかかる費用である「信託財産保留額」があります。

 

 

2.元本保証がない

金融機関の定期預金等の元本保証がある商品と異なり、投資信託は元本保証がありません。投資先の運用実績が上がらず、購入時よりも値下がりした場合、売却額が購入額を下回る可能性があります。

 

 

まとめ

投資信託は、運用のプロであるファンドマネージャーに資産の運用をお願いすることができる、初心者におすすめの投資商品です。
株式への投資に比べると、費用や手数料がかかることや、債券や海外銘柄にも投資を行うため、金利や為替の影響を受けるというデメリットがあることを知っておく必要があります。

 

しかし、少額ではじめることができ、豊富な種類の中から、それぞれのタイプやニーズに合った商品を選択できるだけでなく、分散投資によるリスク軽減を図ることも可能です。
投資に興味があるが、初心者で、おすすめの投資先もわからない、どんな株を選んだら良いのかわからない、と言った方にも、最初の投資先としておすすめです。


関連ページ

株の始め方
営業するならお金を学べ!誰でもできる株の始め方。
外貨FXとは?為替と始め方
営業するならお金を学べ!FXの仕組みは超カンタン!
国債の利回りと買い方
営業するならお金を学べ!国債の買い方。
サラリーマンにも可能?不動産投資でマンション経営
営業するならお金を学べ!サラリーマンでも不動産投資ができるのか?
【スポーツで投資!?】ブックメーカーの始め方
営業するならお金を学べ!ブックメーカーの始め方。
【意外と知らない!】保険での資産運用
営業するならお金を学べ!保険で資産運用ができるって知っていましたか?
結局おすすめの資産運用は何なの?
営業するならお金を学べ!おすすめの資産運用は一体どれ!

ホーム RSS購読 サイトマップ