営業売上はこうして伸ばせ!

『取れるテレアポ』VS『切られるテレアポ』

ガチャ切りされる営業電話にならないコツ

 

「はじめまして。私○○会社の・・・」

 

 

「あっ、興味ないので」 
 ガチャッ!

 

もうテレアポなんてやっていられない!
というアナタ。
もしかしたら、テレアポの仕方を変えれば、取れるようになるかもしれません!

 

 

テレアポつらい!

 

アポイントをとるために、電話を何十件もかけ続け、やっと出てもらえたと思ったらガチャ切り・・・
しかし、営業マンとあればテレアポは必須、何回も遭遇する場面です。

 

ただ、お客様にとっては、
自分がしていた行為を中断して出た電話が、営業電話だとイライラするはずです。
さらに「聞いていても自分にメリットがある電話ではない」と感じられた瞬間に、
電話は切られてしまうのです。
ガチャ切りされてしまうのは、あなたのせいというわけではありません。
相手の立場にたてば「営業電話を面倒」と思うのは当たり前のことなのです。

 

「興味ないです、ガチャッ」とされる機会を少しでも減らすためにも、
取れるテレアポを続けていくためにも、
営業電話で意識しておくとよいコツをご紹介します。

 

 

取れるテレアポのために意識すべきこと3点

 

<高い声は嫌がられる?>

接遇マナーを教わる際には、高いトーンで愛想よく、などと教育されるかもしれませんが、営業電話ではそれは逆効果です。
心理学では、早口な人が「焦っている」と評価されるように、
高い声の人は「緊張している」と思われてしまいます。
また、あまりにもマニュアル通りの愛想で、高いトーンで話しすぎていると、
親近感もわかず、話を聞いてみようという気持ちにはなれません。

 

取れるテレアポのためには、
「ゆっくり、誰でも聞き取れるスピードで」「高すぎないトーンで」話すことがコツです。
ただし、在宅率の高い高齢者の場合、高い声の方が聴きとりやすい場合もありますので、
かける先の年齢を意識しながら営業電話をかけましょう。

 

 

<メリットは速く!認識させよう>

何度もかかってくる営業電話に、好印象を持つお客様はいません。

 

強引に「聞いてください」「でもこういう点なら・・・」とあまりにも食い下がったり、
毎週毎週、営業電話をかけたりしていては、会社のクレームにも繋がりかねませんよね。

 

そこで大切なのは、「この営業電話はメリットがある電話なのだ!」と素早くお客様に認知させることです。
たとえば、「お客様は税金を払いすぎている可能性があります。」「今よりも数万円利益になる可能性がありますよ。」などと先に言われると、
「おや?どういうことなのだろう、聞いてみなくては」という気持ちになってもらうことができ、
取れるテレアポに変化していくのです。

 

具体的なメリットを、営業電話の早い段階でお客様に認識させることで、
話を聞いてもらいやすくなるのです。
自社の商品メリットがすぐにわかるようなフレーズをあらかじめ準備しておきましょう。

 

 

<電話営業だと認識させない>

挨拶では、
「わたくし、株式会社○○の営業太郎と申します。こちらは××様のお電話番号でよろしいでしょうか?」で始まりますが、
ここからが大切です。
この時、「今回、新商品のご案内でお電話させていただきました。」などと二言目にお伝えしてしまうと、
「面倒なセールス電話をしてくる人」という印象になってしまいます。

 

電話の際には、決して“ご案内”というイメージをつけてはいけません。
「どうしてもお伝えすべきことがありまして」というように、売り込み感をださず、
あくまでお客様のために電話をしていますよ、という感が出せるようになると、
ガチャ切りはされにくく、取れるテレアポになっていきます。

 

 

知名度がない会社はどうしたらいいの?

知名度が低い会社は、ガチャ切りされがちであると言えます。
そこで電話営業の時には、他社の知名度を借りるのも手段のひとつです。
「他社の○○株式会社さんでも取り扱いがある商品で・・・」などと、
名前を出すことで、警戒心をとくことができるのです。
自社商品と関連がありそうで、かつ、お客様が耳慣れている会社を探しておいて、電話営業の際に使ってみるのもよい方法です。

 

 

まとめ

ガチャ切りは、されると凹みますが、だんだんとガチャ切りされないコツもわかってきます。
今回ご紹介した内容も試しながら、テレアポを効率的に取れる営業マンになっていきましょう。

関連ページ

売上アップ戦略に【活動量】は必要か?
売上アップを狙うには、実は○○が大切だった!? 活動量を見るよりも大切なこととは。
販売の売上を上げるなら、セールストークは厳禁?!
当サイトでは、営業力向上のためのノウハウ、 および、ヒトの魅力を引き出す方法を掲載しています。 社会人生活のパートナーとして、当サイトをご利用ください。
リピーターを増やすメールは、こんなに簡単だった!
リピーターを増やすには、小さな工夫が必要だった。誰でもできるリピーター作りとは?
「断られるから営業が怖い」はもったいない!!
断られることが怖くて、営業が嫌だと思っている方へ。考え方を変えてみよう!
マイナビ、リクナビも活用!?法人営業のコツは、SNSにあり!
法人営業に必要なものは、情報収集の方法にあり!見落としがちなテクニックとは。
表彰を総なめした銀行営業のコツを大公開!
銀行営業は簡単!表彰され続けるコツとは?
マニュアルトークで打開せよ!うまくいかない営業の仕事
マニュアルトークも使いよう。うまくいかない営業の仕事も、これで解決!
【営業成績を伸ばす○○】知識不足は関係ない!
知識不足だから営業成績が伸びないと思い悩んでいるあなたへ。もしかして必要なのは○○かもしれません。
【知らなきゃ損!】クロージングテクニック【営業】
当サイトでは、営業力向上のためのノウハウ、 および、ヒトの魅力を引き出す方法を掲載しています。 社会人生活のパートナーとして、当サイトをご利用ください。
【保存版】断られるテレアポ、聞かれるテレアポ
当サイトでは、営業力向上のためのノウハウ、 および、ヒトの魅力を引き出す方法を掲載しています。 社会人生活のパートナーとして、当サイトをご利用ください。
【アポ取り】新規営業の電話は○○を意識して!!!
新規営業は、アポイントを取らなければ始まらない。アポイントを取るには、電話をしなければ始まらない!意識すべきこととは一体何か。
これがあれば基礎は完璧!営業フロー
基礎の基礎!営業だってやりかたをきちんと整えればカンタンなんです!
「目標があれば営業ノルマ達成できる」は勘違い
営業マンを動かすのは営業ノルマ目標じゃない!達成のために必要なものとは。
【アポが取れない!】アポ取り手法4選
アポが取りに悩む人へ、まず試してほしい4つの方法。
【目にとまる営業DM】ダイレクトメールの極意とは
開封されもしない営業DMも書き方次第で開封率アップ!ダイレクトメールの極意。
聞き手にひびく!営業超話術とは
「聞いていて心地よい」「理解しやすい」話し方についてご紹介しています。営業の時になかなか思っていることが伝わらない、という方に有用です。
ダメ営業マンを救う!提案力を上げる方法
営業も、提案力をあげることができれば、どんどん数字はあがっていく!
【営業テレアポ】時間帯によって効果が違いすぎる!
営業のテレアポは、かける時間帯によってお客様の反応が全く変わります。NG時間帯をしっかり把握しておきましょう。
【最強】証券マンが営業成績を取り続けるコツは
営業マンといえば金融証券マン。どのように営業成績を積み上げているのでしょうか。
生保の営業マンが教える、「売る」コツ
営業の強い生保営業マンが、コツを押さえた「売る」方法を大公開します。
【営業】話題、ニーズ収集に困らない最強ワザとは
営業で、話題やニーズ収集に詰まることがなくなるワザがありました!
営業センスがない人が持っていない○○力
営業センスは○○力を鍛えれば爆発的に上げられる!って知っていましたか?
【女の営業】“しぐさ”を見抜いて、できる女営業マンへ!
できる営業の女性は相手のしぐさを見抜いて、営業成績をどんどんあげていく!しぐさが持つ秘密とは
【ノンバーバルってなに?】営業マンの必殺コミュニケーション力
営業マンが持つべきコミュニケーション力にも種類があった!ノンバーバルコミュニケーションを知ってあなたも営業上手に。
【つらい営業おさらば!】足で稼ぐ営業をやめよう
「足で稼いでこい!」と言われていませんか?そんなつらい営業とは、かしこくおさらばしましょう!
【爆売れ営業】○○な話し方のコツを押さえるだけで売れるんです!
売れる営業マンは無意識に話し方のコツを押さえていた!○○な話し方とは。
営業マンが接待で差をつけるコツ!
接待、接待、接待・・・。せっかく何度も接待するなら、コツを押さえてしまおう!
トップセールスの営業トークテクニック3選
営業トップのセールステクニックは意外と簡単!誰でもできるトークとは?
保存版 営業クロージング話法!即日成約のコツ
目の前のお客様を逃すなんて悔しい!そんな人は、クロージングのコツを押さえれば営業成績がアップするかも!
超簡単!トップセールスの3つのコツ
トップセールスマン・セールスレディが実践している、セールスのコツをご紹介!
【徹底解明!】営業マンは○○を意識してお金持ちを狙え
営業で、お金持ちを狙えば単価はあがる・・・一体どうすれば気に入ってもらえるのか徹底解明!

ホーム RSS購読 サイトマップ