営業売上はこうして伸ばせ!

【資格取得!】仕事しながら勉強する方法

【資格取得!】仕事しながら勉強する方法

忙しすぎて勉強どころではないんです・・・

仕事しながら勉強する方法、知っていますか?

 

ここでは社会人が資格取得の際に必要になる勉強方法についてまとめています!

 

仕事しながら勉強することは可能?

会社の勉強や、仕事に慣れることと並んで、社会人が心を悩ますものが、
仕事しながらも、プライベートで資格取得のための勉強をすることです。

 

営業マンとしても、マネジメントとしても、
成長するためには資格の勉強は必須だと言えるでしょう。
会社でも資格取得や、TOEICの点数などが出世・異動の必要条件になっていることは少なくありません。

 

ただ、社会人になると、飲み会が重なったり、娯楽の範囲も増えたりするため、
なかなか仕事しながら勉強に向き合う機会がありません。
そこでいざ勉強の時間を設けようとしても、
「仕事しながらどう勉強すればいいんだっけ?」となりがちです。

 

ここでは、社会人が効率的に勉強するための勉強方法について、
いくつかご紹介します。

 

 

「仕事しながら勉強」にまとめノートは意味がない?

資格勉強の時に、ノートを1冊作ってそこへ綺麗にまとめる作業をする人も多いです。
必要事項をノートに書き出し、注釈をまとめていくことで、
1冊終わるころには完成度の高いノートが出来上がっていきます。

 

しかし、ノートにまとめを作るのは、
資格の教科書の内容をまとめているのと同じ行為であり、あまりオススメはできません。
むしろ、「綺麗にまとめた」「うまく出来上がった」という満足感だけで終わってしまうため、
頭の中には何も残らないことになってしまいます。
点数に還元されにくい勉強方法になってしまうため、
仕事しながら勉強しなければならない社会人にとっては、効果的ではない方法と言えるでしょう。

 

仕事しながら勉強するには、
ひとりで勉強するときに、まとめ作業よりも、暗記を主に行っていくことが望ましいです。
同じ“書く”のであれば、教科書の答えにあたる部分を隠しながら、
ノートに回答を書いていくのがよいでしょう。

 

社会人になってからの資格試験では、暗記できればできるほど点数が高くなるものも多いため、
内容をまとめることよりも、暗記に注力することをオススメします。

 

 

仕事しながら勉強するときに無駄なこと

答えを見てから問題をみたり、答えを丸写ししながら書いたりして覚える人もいますが、
このようなやっつけの作業は勉強効率が期待できません。
その場しのぎの勉強方法は、時間の無駄になってしまいます。

 

1日は24時間しかありませんが、さらに社会人の余暇は、
仕事の時間を抜くと平日はほとんど2時間程度になってしまいます。
仕事しながら勉強する中で、やみくもに答えを見ていても、あまり意味がありません。

 

少ない時間はできれば娯楽やリラックスタイムに費やしたいものです。
余暇の2時間をまるまるやっつけの勉強に使うのではなく、
時間の経過をうまく使って、負担にならない勉強方法を取得していきましょう。

 

記憶の仕組みを知れば、暗記はうまくいく?

人間の記憶力では、1度の勉強で内容を48時間程度しか維持できないと言われています。
48時間後には、7割程度の記憶が失われていきます。
つまり資格試験のために、仕事しながら1日2時間費やして勉強を沢山したと思っても、
2日空けるとほとんど記憶に残っていないということです。

 

記憶を定着させるためには、長時間の勉強よりも、
短時間の勉強を繰り返し行うことが必要です。
社会人になると、仕事しながら勉強しなければならないので、
時間の効率は非常に重要になります。

 

1日30分でもいいので、前回の復習と、
次の勉強を進めることが、資格取得のための近道ということです。

 

インターネットで検索をすると、勉強方法として“一夜漬け”“たった〇習慣で××資格を取得する!”など、
様々なノウハウを目にすることができますが、短期間の勉強はあまりオススメできません。

 

ポイントは、「長期間、短時間を繰り返す」ところにあります。
長い“期間”を費やした知識は脳に定着しやすく、短い“時間”であれば心理的抵抗も薄れるので、
資格取得の勉強方法として押さえておきましょう。

関連ページ

【まずは○○見直し】働きながら勉強する時は
働きながら勉強するときに、勉強法よりも大事な○○の見直しとは?
【社会人の勉強】音楽をかけると集中できるのか?
社会人が最も悩む集中力。 資格の勉強も、音楽をかけると集中できるのか!?
【営業の二択】歩合制(フルコミッション)と給料制どちらがいい?
転職の際、「歩合の営業マン」か「給料制の営業マン」か・・・事前にリサーチ!
【就職・転職したら】銀行の営業ノルマはどれくらい?
銀行へ勤めることを考えている方は、営業ノルマを必ず知っておきましょう!

ホーム RSS購読 サイトマップ