人から好かれるヒトになるには

【営業適性】テレアポから訪問まで!どれが自分に合う?

【営業適性】テレアポから訪問まで!どれが自分に合う?

自分に営業は向いていないのではないでしょうか・・・

営業にも適性と種類があります!
モノによっては向いているかもしれませんよ!

 

営業と適性

今や公務員ですら営業業務の仕事があるくらい、
営業活動は重視されています。

 

会社に就職すれば、営業から始まるというところも多いようですね。

 

そこで、実はたくさんあると言われる営業の種類と適性を知っておきましょう。
この営業の種類と適性を理解していることで、自分に合う営業も見つけられるかもしれません。

 

たとえば私は銀行に勤めていましたが、
「窓口営業」と「訪問営業」がありました。
実際、「窓口営業」でとんでもなく成績を残しても、「訪問営業」に変わったとたん冴えなくなる・・・という人もいれば、
「訪問営業」に変わったとたん開花する人もいました。
これも適性の違いと言えるでしょう。

 

同じ「営業」でもたくさんの種類があります。
訪問販売のように、知らないお客様ばかりを相手にする営業、
毎月決まったところにしか行かない営業・・・
種類と適性を理解することで、自分に合うぴったりな営業の仕事はどれなのか、を考える材料にしていきましょう!

 

営業適性は営業スタイルを知るところから

<BtoCか、BtoBか>

まずは誰に営業をかけるか、は営業仕事の大きな違いになります。
リテール、などと呼ばれ、
個人のお客様へ営業を行うものはBtoC(Business-to-Consumer)の営業です。
また、法人企業のお客様へ営業を行うものはBtoB(Business-to-Business)の営業と言います。

 

たとえば銀行であれば、同じ会社ではありますが部門がリテールと法人に分かれています。
個人のお客様へ資産運用相談にのることを中心に活動・営業するのが個人営業、
法人様に対して融資を中心に活動・営業するのが法人営業です。

 

個人と法人の営業で違うところは、扱う商品が違うこともそうですが、
括られる法律が変わってきます。

知識の質や、業務で必要な書類、適性が全く異なってきますので、
まったく毛色の違う営業スタイルになると言ってもよいかもしれません。

 

<新規営業か、既存営業か>

新規先のお客様を中心にあたるか、
会社がすでにもっている既存先のお客様リストを中心にあたるか、
は、かなり大きな違いです。

 

新規営業は、見たことも会ったこともないお客様を、自らマーケット選択して、商品を売り込みに行きます。
高い営業力を求められる上、一番つらいカテゴリであるかもしれません。
しかし、第一印象がよい営業マンなどは、新しいお客様を口説くほうが得意という人もいますし、
適性があると言えますね。
新規営業に強い営業マンは、年収も高く、モテるタイプも多いです。

 

逆に、既存先の営業は、すでに契約・購入経験のあるお客様へアプローチすることになります。
既存先のお客様に対しては、新規よりも営業力は必要ないかもしれませんが、
「以前嫌な思いをした」「乗り換え・買い替えを検討していない」というお客様も多いですので、
ここを崩すのは一苦労ということもあります。
継続的にお客様に商品を選択していただくために、信頼関係を長期間かけて構築する体力とコミュニケーション能力がある方が
適性があると言えるでしょう。

 

また、新規営業はつらいけれど高収入、という違いが一般的です。

 

<店頭・内勤営業か、訪問営業か>

店頭か訪問かの違いも大きくあります。
店頭営業の場合、呼び込まなくともお客様が店舗にご来店してくださるので、
ある程度の購買意欲があるとか、時間があるお客様を対象にします。

 

自分から能動的に動かなくてもよい分、訪問営業よりは楽かもしれません。
しかし、毎回訪問している営業のように、リレーションがとれていないお客様が対象ですので、
高いニーズキャッチ力が適性として必要
です。

 

テレアポも営業

また、テレアポも外にでない営業の仕事です。
「話すら聞いてもらえない」というテレアポの悩みは多いですが、
外に出ず、服装も自由、ただ電話をかけ続ければいいだけなので楽、という人も多いようです。

 

対して訪問営業の場合は、お客様にお時間をとっていただき、ご自宅にお邪魔するので、
ある程度のマナーが必要なのと、単純に移動距離が面倒という点があります。
そのため、一度の移動動線で、何件か訪問するというのが一般的なようです。
継続してフォローしていくので、お客様とリレーションシップを築きやすく、営業がしやすい点はメリットです。

 

営業と適性まとめ

一口に「営業には向き不向きがある」といっても、営業にも種類があります。
ノルマのない営業もありますので、「営業が合わない」と言ってすぐ諦めるのではなく、
ご自身の適性を把握し、部署を移動したり、転職したりして、
自分に合う営業の種類を探すのもひとつかもしれません。

関連ページ

【○○不足かも?】仕事に行きたくない時は
「仕事に行きたくないなあ・・・」と頻繁に考えてしまうなら、○○不足の証拠かも?
【仕事が終わらない】時間の効率化、できてますか?
「時間の効率化ができていない」から仕事が終わらないのかも?是非ご一読ください。
【もう辞めたい!】営業を辞めたい時に読むページ
営業職は「辞めたい」と思うもの。辞めたい時に読んでみてください。
“営業に行きたくない病”になるきっかけ
営業に行きたくない時は、○○が原因かも?
【営業が合わない?】自分に合う仕事とは
営業は自分に合わないと感じた時に見直すべき○○とは
【仕事どころじゃない!】職場に馴染めない時は
職場に馴染めないと、営業売上を伸ばすどころではありません!
【なんで?】新入社員がすぐ会社を辞める理由
「新入社員がすぐ辞める!」営業売上どころではない深刻な状況になっていませんか?
【営業職つらい】怒られてイライラする時は
営業職は怒られてばかりでつらい?イライラする時は。
【やりがい教えて!】営業が楽しいと思えるポイント3選
営業が楽しいなんて・・・と思う人必見!営業のやりがいはこれだ!
【営業が嫌!】こんなにつらい営業の世界
営業が嫌なのは当たり前?だってこんなにつらい世界なんです。
【私でもなれる?】セールスのプロへの道
誰でもセールスのプロになれる!働き方も○○次第!
【番外!】銀行営業はつらい?メガバンクの年収とノルマは?
「銀行営業ってつらいの?ノルマは?年収は?」 疑問に回答!

ホーム RSS購読 サイトマップ