営業売上はこうして伸ばせ!

【毎日疲れる・・・】疲れない仕事のコツは”休憩”にあり

【毎日疲れる・・・】疲れない仕事のコツは”休憩”にあり

休んでも休んでも、仕事は疲れるんです・・・

休憩の取り方、合ってますか??

 

会社にいると、労働基準法にもとづく労働時間は8時間ほどです。
おそらくほとんどの会社員の方は、残業なども含め半日は会社にいることも多いと思います。
人間の集中力は必ず低下するもので、延べ12時間ずっと、集中力や高い生産性を保てるわけではありません。

 

疲れる仕事は休憩で乗り切れ!

そこで大切になってくるのは、集中して仕事をする“労働時間”と“休憩”のバランスをうまくとることです。
上手に休憩をとることができないと、
好きにタバコを吸い、お菓子を食べ・・・というように、
メリハリがつかずにダラダラと働く習慣がついてしまいます。

 

「ダラダラ」は「疲れる仕事」の原因とも言えます。
上手に休憩を取って、効率よく集中力をアップさせ仕事をしていきましょう。

 

 

仕事の集中力と疲れの関係

自分は集中力があると思っている人ほど、知らないうちに集中力が低下していたり、
継続的に集中力を保てずに反動でダラけてしまったりします。
そうなると、仕事を始めた時と比べると、
同じ労働時間でも処理できる量が減り、疲れるようになってしまいます。

 

集中力が切れた状態でダラダラ仕事を続けてしまうと、
思っているよりも仕事の処理能力が低下し、普段より疲れるので、危険です。

 

では、そもそも人間の集中力はどのくらいが限界なのでしょう。

 

学生など、若い人の場合はおおよそ90分と言われていますが、
実際の集中力の波は15分周期でおとずれると言われています。

 

たとえば、英語通訳などの仕事では、
五感のうち4つを停止させ、耳だけに全神経を集中させて、
口を自動で動かすというハイクオリティな作業を速く行うことが求められるので、
そのような場合は、15分が限界です

 

実際に12時間も会社にいては、そのようなフル回転状態で労働時間を保つことは難しいので、
医学的見解から考えると、40分程度が限界と言われています。
それ以上働くと、疲れるのは当然と言えるでしょう。

 

 

「疲れる?疲れない?」仕事に集中するために効果的なもの

適度な集中力を保つためには、
労働時間と休憩時間のペースをしっかり決めておくことが大切です。

 

40分集中して仕事をしたら、10分ほど脳を休ませる
という労働と休憩のルーティーンワークが組めていると、
作業効率を保つことが出来るようになります。

 

また、お昼休み等を利用して仮眠をとることもオススメです。
机の上でもいいので、目を閉じ、15分程度仮眠をとることで、一気に集中力が回復します。
ただし、長時間寝すぎてしまうと、身体が熟睡モードに入ってしまい、
目が覚めるまでに時間がかかるので注意が必要
です。

 

また、寝ることと同程度の効果があるのが、運動と、酸素を吸うことです。
15分程度、身体を動かし、深呼吸しながら動くことで、集中力を再度高めることができます。

 

 

”疲れる仕事”を予防しよう

自分は集中力があるので、ずっと同じモチベーションで働いていられる!
というタイプの人もいますが、
基本的には自分が集中できると考えている時間の8割程度で一度休憩をとることをお勧めします。

 

休憩時間の目安は、10分〜15分程度とるようにしましょう。
これ以上の休憩は逆に集中力の低下に繋がりますし、10分より短い休憩は、休憩とは言えません。

 

〜なぜ昼寝は15分なのか?〜
お昼休みの昼寝が集中力アップに効果的なことは知られていますが、
なぜ15分程度なのでしょうか。

 

これは、睡眠の周期と質が関係しているからです。
人間の睡眠周期は、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返して行われています。
レム睡眠は仮眠の状態、ノンレム睡眠は熟睡状態を指します。

 

休憩の時に15分を超えてしまうと、レム睡眠からノンレム睡眠に切り替わってしまうため、
起きたときにスッキリしなくなってしまいます。
15分ならレム睡眠状態にとどまるため、脳をスッキリさせるのに効果的なのです。

 

 

仕事に特化しすぎず、バランスよく休憩を挟むことで、
集中力をキープし、仕事のパフォーマンスもアップしますので、
「毎日疲れる」と感じている方は、ぜひ取り入れてみてください。

 

関連ページ

【断られるのがツライ・・・】断られても折れない営業プロのマインドとは
営業も、何度も断られるとツライもの。営業のプロから考え方を教わろう!
【無駄を根絶!】営業マンの時間管理術
無駄な時間を無くすだけで、営業ができる人に見られる!時間管理術とは
【仕事人!】できる営業マンは○○を色分けする!
営業できる人は一体なにが違うのか?○○の色分けだけで、誰でもできる仕事方法
【仕事ができる人は読書をする】“ハズレ本”を選ばない方法
「仕事ができる人は必ず読書する」・・・とはいえなかなかいい本に当たらない!という時は
【教育の壁】営業教育がうまくいかない理由
営業成績が悪いのに、本人は気にしていない・・・営業教育はなぜうまくいかないのか?を解明!
【○○上手!】できる営業マンが自然としていることとは
仕事が速くて営業成績もいい、「できる営業マン」が持っている○○するスキルとは?
【禁句!】営業ができる人間が絶対に嫌う言葉
営業ができる人ほど、「○○」とは絶対に言わない?できる人が嫌う言葉とは
【なぜなれる?】トップ営業マンになるのはどんな人?
トップ営業マンには特徴があった?!一体どんな人がトップになるのかを大解明!
【完璧!】トップセールスマンが意識する服装まとめ
トップセールスマンが輝いて見える理由は服装にあった?第一印象を完璧にするワザとは
【営業に必須】会社の上司や先輩に好かれるコツ
「仕事を教えてもらう・手伝ってもらう」、「営業成績を評価してもらう」には、まず社内で好かれることが大切だった!
【学びたい人へ】営業スクールの選び方
営業をスクールに入って学びたい。でもどんなスクールがいいかわからない!という方へ
【問題解決力アップ!】営業にロジック・ツリーを導入せよ
営業が問題解決力をアップさせるには、ロジック・ツリーの概念を学べ!
【AI】人工知能ロボット導入で営業はなくなるか?
目覚ましい発展を遂げている「AI」に、営業は淘汰されるのか?
【報告・連絡・相談!】ほうれんそうと仕事の損益関係
ほうれんそう(報告・連絡・相談)は、仕事の損益と密接に関係している!って知っていましたか?
【イキイキしたいなら】営業ノルマとは別の目標をたてろ!
営業ノルマを達成し続けても、出世はできない。それは○○の目標を立てていないからだった!
【心理学応用】飛び込み営業のコツ3選
飛び込み営業も、コツさえ押さえれば怖くない!心理学を応用したコツ3選
【営業仕事がうまくいかない=頭が悪い】って本当?
営業仕事がうまくいかないのは、頭が悪いせいなのか?
[【しつこい!】営業マンこそ営業電話の撃退方法を知れ
営業電話の断り方を知ると、自分の営業にも活かせるって知っていましたか?
【つらくない!】営業ノルマ達成のための計画の立て方
営業ノルマも、計画の立て方次第で達成できる!つらくないノルマ達成ステップとは

ホーム RSS購読 サイトマップ