営業売上はこうして伸ばせ!

【人材流出を防げ!】社員を辞めさせない会社づくりとは

【人材流出を防げ!】社員を辞めさせない会社づくりとは

うまくいかなかった経営。
そんな会社もようやく回りだし、
社員の営業教育も行き届いてきた・・・

 

そんな時、営業のエースが一言。

 

「会社、辞めさせてください。」

 

 

社員を辞めさせない会社づくりを

ある程度の営業ノウハウがたまったり、会社ナレッジができたり、人材マネジメントができるようになると、
優秀な社員ほど、会社のノルマを達成させることはだんだんと楽になってきます。

 

会社としても、マネジメント整備がどんどんできるようになってくるので、
マネジメントでさえ他人材に替わっても大丈夫になっていきます。

 

そして、どんな人材が来ても会社で教育することができるようになり、
なんとなくの成績で、それなりの仕事ぶりにすることもできるようになってきます。

 

 

しかし。
必死に教育したとしても、手間をかけて面倒をみても、
ある程度のナレッジが貯まってくると離職、転職をしてしまう人材は大変多いです。
現在は人材開発の会社などからも引き抜きは多く、社員を辞めさせない会社づくりは難しくなっているのです。

 

また、情報が多い中、会社を「ノウハウ貯金をする場」「ステップアップの場」という考え方で、
踏み台だと認知している社員も非常に多くなってきました。

 

そこで必要になるのは、会社や上司の理念です。
まずは社員を辞めさせないために大切なことを理解し、
会社理念を作ることがいかに大切かを体得していきましょう。

 

 

社員を辞めさせないのは金銭報酬や表彰制度?

会社において何を目標にするかは非常に大切です。

 

20代〜30代の場合、当面の目標は「会社での出世」など給与や地位に絡むものになってきます。
これは、仕事をする上での大きな動機付けになります。
また、多いのは会社独自の表彰制度です。
私がメガバンク会社員として勤めていた時にも、表彰制度は充実しており、

  • 個人表彰
  • 準表彰
  • 事務表彰
  • 頭取表彰制度
  • エリア表彰制度

 

など様々な表彰の仕方がありました。
メガバンクとて、社員を辞めさせないために四苦八苦しているのです。
実際、その表彰をとることを目標に働いている人も非常に多いです。

 

このような人に共通しているのは、
「給料をもらうこと」「表彰をもらうこと」が働く目的になっているということです。

 

しかし、こういった人は、
収入・役職が上がってきた時、表彰をもらい続けた時などに、
「果たして何のために働いているのか?」がわからなくなってしまうということです。
また、若手の場合は突っ走りすぎて10年もせず息切れしてしまいます。

 

仕事をする理由の多くは「家族のため」「趣味のため」「夢のため」に給与を貰いたいと理由付けされていることが多いですが、
長期間にわたり給与を目的として働く状態が続くと、だんだんとモチベーションを維持することが出来なくなってしまいます。

 

 

「給与は上がってきたが、次の目標は何だろう」
「貯金もある程度できてきて、趣味もできている。しかし何かが足りない」

という状態になってくると、いわゆるうつ病のような症状が出てくることもあります。
仕事に対する意欲を失ってしまうと、いわゆる「燃え尽き症候群」のようになってしまいます。

 

会社自体に理念がない会社は、
給与やノウハウを目的として入社する人が多いため、
だんだんと会社で働く意欲を失った人材が離職しがちになるので、
こういった会社は、社員を辞めさせないことが難しくなっているのです。

 

 

社員を辞めさせない○○とは

社員を辞めさせないために必要なものは、
会社の理念
です。

 

とは、目標に対してどうアプローチするかなどではなく、
そもそもどのような目的で会社を立ち上げているか?の指標です。
たとえば「人々の生活をより便利にする!」というようなものです。

 

定量的な目安ではないため、どの状態なら達成といえるのか、などは明確ではありません。
しかし、この理念に社員を共感させられるかどうかが、
社員が辞めるかやめないか、モチベーションを維持できるかの根底です。

 

よくありがちなのは、「社会に貢献する」「すべてのお客様を笑顔に」など、
漠然とした理念です。
このような理念の場合部下が体感レベルで共感することがないため、浸透させることが難しいのです。

 

人を動かす、感動させることができるような理念を、社員に伝えられるかどうかが、
社員を辞めさせないための重要なポイントです。

 

 

社員を辞めさせないために、自分自身も理念に共感を

明確な理念を仕事の目安にすることで、その思いは必ず人に伝わります。
「お金が欲しい」「名声が欲しい」という人となかなか一緒にビジネスをしたい気持ちにはなりませんが、
理念がある会社は選ばれる傾向にあります。

 

“共感”というのは人を集める一番有効な手段だと言えます。

 

理念の作成の際にはより

  • 「具体的に」
  • 「明確に」
  • 「詳細に」

本心に従ってつくっていくことをオススメします。

 

そうすることで、社員を辞めさせないですむ会社が出来上がり、
会社の成長の糧になることは間違いありません。

関連ページ

【大原則はコレだ!】店舗売上をアップさせる方法
店舗売上が低迷したときには、売上アップの大原則を確認!
【どうしてこうなった】営業売上が不調な時には“そもそも”を考える
営業が不調なら、自分のスタイルよりも「そもそも」の仕事を見直そう
【秘訣!】営業効率はマッキンゼー社に学べ!
効率の悪い営業はもうやめよう!マッキンゼー社直伝の秘訣とは
【ブラック企業化していませんか?】離職率を下げる○○とは
「営業がすぐに辞めてしまう」「もしかしてブラック企業化している?」などのお悩みを解決
【経営基礎】売上を伸ばすなら、仕事は〇種類に分ける?
売上を伸ばすどころか、目の前の仕事に追われていませんか?
【最強時短!】営業メールをサクサク終わらせる○○!
面倒で気を遣う営業メールも、○○があれば超カンタンに終わる!
【あなたにはどれが合う?】営業の種類
営業にも様々な種類がある!営業の種類と、自分の相性を見直すだけで、営業成績がグッと伸びる!?
【営業会議】意見が対立した時の会議の進め方
会議では、意見の対立がつきもの。営業会議を円滑に進める方法とは?

ホーム RSS購読 サイトマップ