営業売上はこうして伸ばせ!

【営業会議】意見が対立した時の会議の進め方

【営業会議】意見が対立した時の会議の進め方

営業会議をする時に、
どうもこの人とは対立してしまうな・・・
ということはないでしょうか。

 

日本人は、会議であろうとあまり自分の意見を出さない傾向にあると言われていますが、
それでも活発な会議では、意見のズレが起こってきます。

 

営業会議での参加者心理

心理学の世界では、認知的均衡理論という理論があり、
人間関係を構築する上で相手と意見が異なったときに、心理状態が不安定になると言われています。

 

*認知的均衡理論:学者ハイダーが提唱した理論。

人は自分の認知体系を、均衡のとれた良い形に整えようとする要求を持っており、
認知の内的一貫性の整合性が取れるように行動するとします。
その時、自己の意見と異なる意見と向き合った状態はインバランス状態となり、
緊張感・不快感が生まれることを認知的均衡理論と言います。

 

会議でも、自分が周りと違う意見になってしまったら、
不安になってしまい、意見を言わないかもしれませんし、
逆に自分が多数派の意見であれば、少数派を見下してしまうかもしれませんよね。

 

加えて営業会議の場合は、自分の営業成績がかんばしくないと、
意見を言いづらくなる傾向にあります。

 

しかし、会社において会議とは、多数派の意見を採用し続けるものではなく、
会社にとって有益な意見を採用することを目的としています。
特に営業活動は利益に直結するため、営業会議は非常に重要です。

 

そこで、意見が対立したときも、客観的な視点で会議を進めていけるように、進め方を知っておきましょう。

 

 

営業会議で意見が対立してしまったときの注意点

有益な営業会議をするために必要なポイントまとめ。

 

<相手の意見の是非を問わず、価値観の尊重を!>

会議の上だけではなく、本来人の価値観や意見は、普段からそれぞれまったく異なります。
そこで、その人の考え方を尊重し、イチ意見として受け入れる姿勢を必ず持ちましょう。

 

営業会議では、「この人の言っていることは意味が分からない」「実現不可能だ」という意見も、
多々出ることかと思いますが、相手の意見を頭から否定する癖は、無駄な対立を生むことになります。
その人の意見からなにかひとつでも学ぶ姿勢をもって、「なぜこのような考えに至ったのだろう」と考える癖をつけましょう。

営業会議では、相手を尊重を

相手を尊重する姿勢を見せることで、対立している意見の相手も、気持ちよく営業会議に臨むことができます。
営業会議の進行者は、どちらの意見のほうが良い、と甲乙つけない会議の進め方ができるようになるといいですね。

 

<自分の考えをしっかり伝える>

自分の意見と相手の意見と違うな、と感じた場合は、これを「対立」だと捉えないことが大切です。
そして、自分と意見が違うと感じた時は、それを遠慮なく言って問題ありません。
会議とは、意見をブレインストーミングすることで、会社にとってより良い意見を捻出することが目的です。
「相手と意見が違うから」といって、考えが埋没してしまうことこそ問題です。

 

相手の意見を否定せず、あくまで「ちがう」という考え方のもと、
互いの意見を交換しあい、建設的な営業会議の進め方を心がけていきましょう。

 

<意見を組み合わせよう>

理想的な営業会議の進め方は、最後に皆の意見が一致するようにすることではなく、
各々のお意見をまとめ、結論を出すようにすることです。
意見が複合した結論になるか、理想的な意見に合わせる形になるか、
営業会議によって変わりまので、どういう会議の進め方になるかはその時によって違います。

 

混ざり合わせられる意見かどうか、営業会議のプライオリティはどこにあるか、
常に考えながら、組み合わせを模索していきましょう。

 

まとめ!

会社では、多様な価値観、生活の社会人が働いています。
自分と全く同じ価値観の人はいないと言えるでしょう。
会社の会議とは、その多様な意見をすり合わせることのできる貴重な場所です。
仮に意見が対立したとしてもネガティブに捉えず、
よりよい結論にたどり着ける好機ととらえて、会議を進めることをおすすめします!

関連ページ

【人材流出を防げ!】社員を辞めさせない会社づくりとは
営業売上が伸びてきたと思ったら、優秀な社員が「会社辞めます」!?尽きない経営者の悩みを解決!
【大原則はコレだ!】店舗売上をアップさせる方法
店舗売上が低迷したときには、売上アップの大原則を確認!
【どうしてこうなった】営業売上が不調な時には“そもそも”を考える
営業が不調なら、自分のスタイルよりも「そもそも」の仕事を見直そう
【秘訣!】営業効率はマッキンゼー社に学べ!
効率の悪い営業はもうやめよう!マッキンゼー社直伝の秘訣とは
【ブラック企業化していませんか?】離職率を下げる○○とは
「営業がすぐに辞めてしまう」「もしかしてブラック企業化している?」などのお悩みを解決
【経営基礎】売上を伸ばすなら、仕事は〇種類に分ける?
売上を伸ばすどころか、目の前の仕事に追われていませんか?
【最強時短!】営業メールをサクサク終わらせる○○!
面倒で気を遣う営業メールも、○○があれば超カンタンに終わる!
【あなたにはどれが合う?】営業の種類
営業にも様々な種類がある!営業の種類と、自分の相性を見直すだけで、営業成績がグッと伸びる!?

ホーム RSS購読 サイトマップ